スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
2012 春・夏 -揺れるまなざし- 小椋佳


めぐり逢ったのは

言葉では尽くせぬ人

夢に見た人でもなく

思い出の人でもない


物語が限りなく綴られて

君の姿が静かに夜を舞う


昨日までの淋しさ嘘のように

明日の朝を待ちきれず夜を舞う



「恋」をし始めたときの情景を小椋佳さんが、見事に描いています。
いいですね、安易に「恋」や「愛」といった言葉を 挿まないことにより、
ときめく「恋心」がじかに伝わってきます。
08/16 15:03 |  | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kgdn.blog103.fc2.com/tb.php/19-e6d8d6a8
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 koyano garden All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。