スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
2012 夏 I Girasoli -ひまわり-


 監督 ヴィットリオ・デ・シーカ、音楽 ヘンリー・マンシーニ、主演 ソフィア・ローレンという最高の取り合わせにより制作された、イタリア・ソ連映画「ひまわり」のテーマ曲です。
 愛するが故に、戦地で新しい家族となった若い妻の元へ夫を送り返す決意をし、ホームで見送るラストシーンは、見る側の胸を打たずにはおかない。号泣するでもなく、走り去る列車の後を追いかけるでもなく、その場に佇み静かに涙する姿は、「戦争が庶民の日常を一変させてしまう」残酷な現実をまざまざと見せつけ訴えかける。『夫に再び会うことはないだろう』遣り切れぬ主人公の思いを当時35歳のソフィア・ローレンが見事に演じ、名匠 デ・シーカ作品に仕上げた。さらにラストに余計な台詞を入れずに余韻を残した脚本家やシーンをさりげなく印象的に映し出していった撮影担当者のセンスも見逃せない。マンシーニのテーマ曲は、それらを融合させ一映画にとどまらず芸術へと昇華させている。


 "名画はやはり名画なのです"

スポンサーサイト
08/17 14:51 |  | CM:1 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 koyano garden All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。